So-net無料ブログ作成
検索選択

芸能人のメイク方法とパーソナルカラー2013~☆

石原さとみや北川景子など人気女優はもちろん安室奈美恵などアーティストから女子アナまで、女性芸能人のメイク方法や流行のメイク、女子力アップできるパーソナルカラーを紹介しています。

 

カテゴリー:川本真琴

川本真琴 ブログトップ

川本真琴、天才の復活なるか? [川本真琴]

スポンサーリンク






川本真琴といえば90年代に、岡村靖幸氏プロデュースで、「愛の才能」という曲でデビューしました。
川本真琴は少年を思わせる線の細さながら、ピアノもものすごくうまくギターも早弾けるいう、まさに天才!
岡村氏も天才の部類に入るタイプなので、天才が天才をプロデュースした!と思いましたね。
その後も「DNA」や「2分の1」、「桜」など、川本真琴は天才ならではの独特な詩とリズム感、メロディーの
曲を次々と発表しました。川本真琴以外絶対作れない曲、そして詞、声、その存在すべてが
天才です。つかみどことがなく少々エキセントリックなところも天才ならではでしょう。


ワタシ個人の感想からいえば、川本真琴は本物の天才だと思います。とくにその天才ぶりを実感
したのは、ファーストアルバム「川本真琴」を全曲ぶっ通して聴いたときです。
デビュー曲「愛の才能」一曲だけでも天才の香りはもうプンプンに漂っていますが、アルバムは
「10分前」というこれまた天才的な曲からはじまり、ただカワイイだけのアイドルとは一線も二線も画して
おりました。天才!と思うのはここからで、川本真琴には1曲も飛ばしたい曲がなかったんですよね!

アルバムって、買ったら必ず1曲以上「この曲、別にいらないな」と思うものがあるものなのですが、
川本真琴にはそれがまったくありませんでした。川本真琴の曲には、1曲1曲に物語があり、青春期に
つきもののやるせない気持ちが表現されていて、あまりの天才ぶりに驚愕した覚えがあります。
タイムマシーンというバラードがあるのですが、その切なさも天才!川本真琴の声はカワイイ声なのに、
不思議な力があって、どんどん世界に引き込まれていくんですよ。何度天才というても足りません。

どの曲も普通の頭ではまず考えもつかない世界観で、やはり川本真琴は天才と思わざるをえません。
しかし天才は孤独で理解されにくいので、徐々に川本真琴はメジャーからは遠ざかっていったのかな。
作品が立て続けにできない、ものすごーくマイペース、なども天才の特徴です。
そしてcoccoもそうですが、天才の人ってものすごく線が細く太れないイメージがあります。
そのはかなさもまた、天才ぶりに拍車をかけますね。現実感のなさとでも言いましょうか。

今年サマソニ(あれ、フジロックだったかな?)に出演されるとのことで話題の川本真琴ですが、
現在の川本真琴が劣化した!ということでも相当話題でしたので問題の画像を見てみました。
確かにやせすぎかな?とは思いましたが、元々川本真琴はかわいさで売っている人ではなく天才なので、
容姿はさほど問題にならないのではと感じました。40手前で自然体なら、こんなものでしょう。
それだけに、音楽で勝負する川本真琴の天才気概がうかがえ、むしろワタシは応援したいですね。
本物の天才は色あせることはないはずなので、ぜひまた天才ぶりを発揮してほしいです。ガンバレ!
川本真琴現在画像.png



最近でいえば川本真琴、カロリミットファンケルCMで「いっぱい食べるきみが好き~♪」って歌ってましたね。
ああ、川本真琴まだ元気に歌ってはるんや、ヨカッタなあと、とてもうれしかったのを覚えています(^^)
一瞬耳にしただけで「あっ!川本真琴や!!」とすぐに気づきましたよ。天才復活ですね♪


スポンサーリンク



また、歌という面だけでなく、そのビジュアル面においても、川本真琴はとってもキュートでした。
かなり細身の体にショートカットで、肌も瞳も色素がうすい感じ。そこにシンプルなボーダーTシャツ
ジーンズといった衣装で、川本真琴は大きなアコースティックギターをかき鳴らしながら歌っていました☆
ピアノを弾きながらの時は、シンプルなコットンワンピース。これもとてもかわいかった(^^)
とにかく、コットンのような自然で軽やかな素材やカジュアルなものがよくお似合いな川本真琴でした。


そんな川本真琴のパーソナルカラーは、明るい茶髪ショートが違和感なくさわやかになじむ春タイプ、
スプリングさんだと思います。アイボリーに赤ボーダーのTシャツが本当によく映えていましたからね(^^)


川本真琴のようなスプリングタイプが髪をまっ黒にしてしまうと、とたんにかわいさが消えて暗く
なってしまいます。落ち着いて仕上げたいときでも、ミディアムブラウンにとどめるのがコツです。
そして髪の質感はツヤツヤがお約束!マット仕上げだとお肌のツヤが消えて老けて見えます。
それと同様、暗い色やくすんだニュアンスカラーの洋服も苦手なので、避けたいところですね。
薄茶色のキラキラしたガラスのような瞳には、イエローやオレンジ系、ベージュがほどよくマッチ!


このように、誰にでも自分の魅力を高めてくれる似合う色と、魅力を消す苦手な色が存在します。
あなたもパーソナルカラーを知って第一印象をよくしませんか?
また会いたくなる女性に変身したい!という方はアメブロをご覧下さいね。

華田真実ブログ:第一印象をよくするパーソナルカラーとは?


スポンサーリンク



川本真琴 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。